TOP PAGE

通読される場合は、Sponsored Linkの下へお進みください。

資料室1こちら

ファイル

沖縄の青年よ、君たちもか!.pdf

明日戦争が始まる.jpg

英語教育の早期化どうみる.pdf

天皇・皇后ご夫妻は徹底して弱者の傍らに身を置く、と行動を通じて表明.pdf

憲法の基礎知識 : 憲法と普通の法律との違い.pdf 

だまされないために.pdf 

例外だった白兵戦 戦場での負傷、大半は飛び道具.pdf 

時代性と儒教にみる日韓の違い.pdf 

皇位継承、「長子相続」で.pdf

米国民の意識 11分類.pdf 

イスラム原理主義武装勢力がアメリカと戦う原因は何か.pdf

多神教とは違う一神教の特徴は何か.pdf 

陸山会事件とは何だったのか

書評「マルチチュード -〈帝国〉時代の戦争と民主主義」

やはり、直接民主主義(脱原発デモ)は間接民主主義(昨年末総選挙で原発推進政策維持の自民党が勝利)に対抗できないのか?<脱原発でもデモ1年.pdf>

体罰は近代日本の遺物 :「持たざる国」補う軍隊の精神論.pdf

日本のカミサマたちは3グループ(「大」「ふつう」「残余・消滅」).pdf

「沖縄経済は基地に依存している」は事実でなく、沖縄の米軍基地は、不経済な存在.pdf 

縄文と弥生(リンク)

ロマン主義とジャーナリズムの成立.pdf

死は残された家族のもの.pdf 

徳川秀忠は「凡庸な二代目」などではなかった。.pdf 

アマテラスの原像.pdf 

夏目漱石が直面したのと同じ矛盾や問題を今の私たちも依然として直面し続けている.pdf 

二重言語国家・日本.pdf 

日本古代の山城は日本防衛のためでなく唐・新羅の日本支配のために築かれたのではないか。.pdf

金で買えるアメリカ民主主義.jpg 

外国為替測候.pdf

紛争地における人道援助の真実.pdf 

強権的で不条理なやり方に唯一異を唱えた頼もしき桜宮高校生.pdf 

海外支援は住民軽視で進められてはならない.pdf

ロバート・キャパの『崩れ落ちる兵士』(右写真<クリックで拡大>はいつ、どこで、誰が撮ったのか?」の謎に迫るドキュメンタリーPhoto_2  

小沢一郎氏が支持される理由.pdf

魅力的な人材はなぜ政治家にならないか?.pdf 

革新結束 : 沖縄に出来て、なぜ日本ができない?!.jpg

“奇跡の一本松” 地元の人はどう思っているのか。.pdf

古典文学をときほぐす「色」への尽きぬ想い.pdf

官僚が支配する審議会.pdf

協同組合は新自由主義の流れを押しとどめる最後の防波堤.pdf   関連 : シェアとはアソシエーションの一形態、資本主義のどん詰まりに現れた小さな希望の灯.pdf 

競争と管理は教育の自殺.pdf

日本外交 : やれば出来る。.pdf 

70年代を中心とする今日に続く「防衛政策」の展開.pdf

管理しない方が人はよく働く!.mht

発達障害の原因は農薬汚染の食品!防止のため無農薬食品を!.pdf 

森の学校 <問いも答えも緑の中 宮崎県立五ケ瀬中等教育学校> .pdf

統計の魔法にご用心.pdf 

地球の破滅を防ぐため、知性を使って欲望を制御しよう。.pdf 

本当は意味がない「健康診断」/pdf  がん放置療法のすすめ.pdf

マスメディアの大罪=小沢氏への「人物破壊報道」.pdf

多過ぎる選択肢は必ずしも幸福をもたらさない。.pdf

同和地区って何?.pdf Photo_2

謎の異常現象(ミツバチの大量失踪)の原因.pdf

日中韓で教科書づくり.pdf   関連: ドイツフランス共通歴史教科書⇒右図<クリックで拡大>

議会制と民主主義は異質か/代議制と直接民主主義が相互を否定し合うとき、民主主義そのものが危機となる/「自分たちで決める」のが民主主義だ.pdf

人がSOSを発信するために最低限クリアしていなければいけない2つの条件.pdf

熊取六人衆の1人であった瀬尾健さんの追悼集『瀬尾さんの思い出

宇宙の始まりは「無のゆらぎ」.pdf 

「日の丸」が平和と希望の美しい象徴たり得るにはどうすべきか。.pdf

大化の改新はなかった。.pdf

自己を神格化せんとした信長さえ天皇になれなかった。.pdf 

アメリカ国民が武装するのはなぜか。.pdf 

沖縄とは.pdf 

「大反転」する世界.pdf

アメリカの全エネルギー消費に占める中東石油の割合はわずか5%なのに、なぜアメリカは対イラク戦争をしたのか?.pdf 

法人税・所得税の税率を1988年レベルに戻せば消費税を引き上げる必要はない.pdf 

書評「磁力と重力の発見(山本義隆 著)」全文.pdf

日本は農業大国pdf日本は資源大国.pdf 

1848年以来、ヨーロッパ-アラブ-アメリカ-日本に脈打つ民衆運動.pdf

日朝二千年の友好.pdf 

一票の反対.pdf

相互依存と国境を越えた人々のつながりで紛争を抑制する.pdf

グローバリズムへの叛逆.pdf

東大話法のトリック.pdf  ガンジーの思想が告発した「東大話法」.pdf

「アダム・スミスは市場万能主義を正当化する自由放任を説いた」は完全な誤解.pdf

マイケル・サンデル(はやり政治哲学)批判とハシズム根底的批判の薦め.pdf

新聞報道は「藪の中」.pdf

一揆とは.pdf  百姓一揆とその作法.jpg

「幸せの国」(ブータン)の難民問題  ブータン−「幸福な国」の不都合な真実.pdf

・    

「19.pdf」を閉会ダウンロード

「18.pdf」を人口減ダウンロード

「17.pdf」をバイオダウンロード

「16.pdf」を国際1210ダウンロード

「15.pdf」を組織ダウンロード

「14.pdf」を救急ダウンロード

「13.pdf」をタウンダウンロード

「12.pdf」を職員ダウンロード

「11.pdf」を職員ダウンロード

「10.pdf」を音楽ダウンロード

「09.pdf」を高齢ダウンロード



*******

「08.pdf」をダウンロード

「07.pdf」をダウンロード

「06.pdf」をダウンロード

「05.pdf」をダウンロード

「04.pdf」をダウンロード


「03.pdf」をダウンロード



「02.pdf」をダウンロード

*****************

「01.pdf」をダウンロード

「01.pdf」をダウンロード

「tizutakanawa.gif」をダウンロード

「kannonjpg.jpg」をダウンロード

「asahi150202_mrikegami.pdf











〇〇

〇〇〇〇

〇〇〇〇

縄文と弥生(移動しました)

こちらに移動しました。

「まちづくり」よりは「まちいじり」

創造力(ソフトパワー)を駆使した「まちいじり」によって地域は変わる

ローマ教皇(ベネディクト16世) の異例の自発的退位の背景  

ローマ教皇(ベネディクト16世)が、719年ぶり歴史上2人目という極めて異例の自発的退位を断行した(教皇が退位を表明した13年2月11日の夜、ヴァチカンに落雷があった)。その背景には03年以来のヴァチカンを揺るがす遺伝子組み換えの是非をめぐる大論争03.08.0703.09.1103.11.1409.0509.06.0409.06.0811.01.31)があった。

非武装・非戦の論理(移動しました)    

こちらに移動しました。

日本人が「日の丸」を好きなのは、それが列島土着の蝦夷の国(日高見国)に起源があるからではないか。

日本人が「日の丸」を好きなのは、それが列島土着の蝦夷の国(日高見国)に起源があるからではないか。.pdf

映画「レ・ミゼラブル」の1場面を教材にした高校世界史の授業(移動しました。) 

こちらに移動しました。

  

オバマ VS ハエ 3度の対戦

毎日新聞 2013年02月01日

 地球上でもっとも強い指導者はだれか。最近落ち目とはいえ、やはり米国の大統領だろう。再選を果たしたオバマ大統領は、権力が最も強くなるといわれる2期目に入った。しかし、そのオバマ大統領も、ハエ一匹にかきまわされる弱さをかかえている▲大統領は、証券取引委員会(SEC)の委員長にメアリー・ホワイト氏を指名した。金融専門の弁護士が指名されてきたポストに、テロリスト訴追で名をあげた元検察官を指名した。異色の人事だ。ホワイトハウスで大統領は指名理由を演説した▲ハエが一匹飛んできて大統領の頭のまわりを旋回し、追い払おうとする大統領の眉間(みけん)にとまった。眉間に深い縦じわができたが、ハエの手足はそのしわをまたいだ。「こいつめ、邪魔するな」と大統領はどなった<13.1.24の3度目の対戦>▲厳粛な指名演説がだいなしになった。人々の関心は大統領演説の内容からハエの動きに移った。報道カメラマンは望遠レンズでハエを追った。ハエがオバマ大統領の演説を邪魔したのはこれが初めてではない▲以前、テレビ番組のインタビューを受けているときにハエが大統領の左手にとまった。電光石火、大統領は右手でたたきつぶした<09.6.16の1度目の対戦>が、動物愛護団体から残虐だと抗議の声が出た。医療保険改革法が成立した(引用者注:10.3.23)ときも新制度の意義を語る演説のさわりでハエが飛んできた<引用者注:2度目の対戦>▲日本の首相がハエに悩まされたという話は聞いたことがない。ワシントンにはハエが多いのか。ふしぎだ。「冬のはえ」は俳句の季語にあるが、動きの鈍い弱々しい生き物として扱われる。攻撃的なホワイトハウスの冬のハエは、俳句の題材にふさわしくない。

 <引用者注:3度目の対戦と2度目の対戦の映像が逆であるかもしれません(確認できませんでした)。

余録 : 地球上でもっとも強い指導者はだれか。最近落ち目…

戦場に咲いた小さな花 山本美香という生き方(移動しました。)

こちらに移動しました。

アルジェリア人質拘束事件が日本人に覚悟を迫るもの   

アルジェリア人質拘束事件が日本人に覚悟を迫るもの : それは「日本は敵」=「日本人標的.pdf」ということ。

ウォルター・ルーウィン教授の「命がけの実験」

高いところから手を離して動いた振り子が、元の位置より高いところまでは到達しないことを顔ギリギリの高さで実証  人物紹介記事.pdf

不登校問題解決のために(移動しました。)

こちらに移動しました。**************************

人類の出発点 (移動しました。)

こちらに移動しました。 

教育基本法改変は教育のクーデター!(移動しました)

こちらに移動しました。 

 

体罰問題解決のために(移動しました。) 

こちらに移動しました。

こんなこと

花見には稲作農耕の豊穣をもたらす桜の霊力への信仰があるように、秋の狩猟開始期にあたる紅葉狩り(もみじがり)には山や狩猟文化との深い関わりが想像される<朝日新聞(12.11.22)>

無料ブログはココログ