« 戦場に咲いた小さな花 山本美香という生き方(移動しました。) | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」の1場面を教材にした高校世界史の授業(移動しました。)  »

オバマ VS ハエ 3度の対戦

毎日新聞 2013年02月01日

 地球上でもっとも強い指導者はだれか。最近落ち目とはいえ、やはり米国の大統領だろう。再選を果たしたオバマ大統領は、権力が最も強くなるといわれる2期目に入った。しかし、そのオバマ大統領も、ハエ一匹にかきまわされる弱さをかかえている▲大統領は、証券取引委員会(SEC)の委員長にメアリー・ホワイト氏を指名した。金融専門の弁護士が指名されてきたポストに、テロリスト訴追で名をあげた元検察官を指名した。異色の人事だ。ホワイトハウスで大統領は指名理由を演説した▲ハエが一匹飛んできて大統領の頭のまわりを旋回し、追い払おうとする大統領の眉間(みけん)にとまった。眉間に深い縦じわができたが、ハエの手足はそのしわをまたいだ。「こいつめ、邪魔するな」と大統領はどなった<13.1.24の3度目の対戦>▲厳粛な指名演説がだいなしになった。人々の関心は大統領演説の内容からハエの動きに移った。報道カメラマンは望遠レンズでハエを追った。ハエがオバマ大統領の演説を邪魔したのはこれが初めてではない▲以前、テレビ番組のインタビューを受けているときにハエが大統領の左手にとまった。電光石火、大統領は右手でたたきつぶした<09.6.16の1度目の対戦>が、動物愛護団体から残虐だと抗議の声が出た。医療保険改革法が成立した(引用者注:10.3.23)ときも新制度の意義を語る演説のさわりでハエが飛んできた<引用者注:2度目の対戦>▲日本の首相がハエに悩まされたという話は聞いたことがない。ワシントンにはハエが多いのか。ふしぎだ。「冬のはえ」は俳句の季語にあるが、動きの鈍い弱々しい生き物として扱われる。攻撃的なホワイトハウスの冬のハエは、俳句の題材にふさわしくない。

 <引用者注:3度目の対戦と2度目の対戦の映像が逆であるかもしれません(確認できませんでした)。

余録 : 地球上でもっとも強い指導者はだれか。最近落ち目…

« 戦場に咲いた小さな花 山本美香という生き方(移動しました。) | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」の1場面を教材にした高校世界史の授業(移動しました。)  »

無料ブログはココログ